人気のハイブリッドカーのトヨタ・プリウスの買取相場はどれくらい?

トヨタ・プリウスは世界で初めてとなる量産型のハイブリット車として認知されています。

国内だけでなく世界93カ国で販売されている世界的にも知名度の高いハイブリッドカーです。

トヨタ・プリウス

4代目プリウス

現行モデルのプリウスは4代目となります。2015年から販売がスタートしました。

先代の3代目プリウスと比較して乗り心地や走行性能は大幅に向上しています。

また、ヘッドライトが全グレードにBi-beamヘッドランプとスマートエントリー(運転席、助手席、バックドア)が標準装備されています。

グレードに関しては「E」「S」「A」「Aプレミアム」となっています。(※Aプレミアムが最上位グレードです)

2015年に登場したということもあり、新車に近いコンディションの車両が多く買取価格も非常に高額となっています。

2015年式のAプレミアムで走行距離が1万キロの場合は240万円、2015年式のAグレードで走行距離が2万キロの場合は220万円、2016年式のAプレミアム ツーリングセレクションで走行距離が1万キロの場合は273万円で買い取ってもらったという事例も報告されています。

3代目プリウス

3代目プリウスは2009年から登場しました。2012年1月にはプラグインハイブリッドカーのプリウスPHVの販売がスタートしました。

2012年式のLグレードで走行距離が7万キロの場合は43万円、2013年式のSグレードで走行距離が3万キロの場合は94万円、2014年式のSグレードで走行距離が2万キロの場合は76万円という買取価格が付いたケースがあります。

3代目モデルであっても高年式モデルであれば100万円近い価格を提示してもらえる可能性もあります。

2代目プリウス

2代目プリウスは2003年から登場しました。先代モデルのボディ形状から大きく変更され、ワンモーションスタイルの5ドアハッチバックへと生まれ変わりました。

この2代目からは海外戦略も考慮してボディサイズが少し大きくなりました。

2003年式のSグレードで走行距離が10万キロの場合は25万円、2004年式のSグレードで走行距離が8万キロの場合は23万円、2005年式のGツーリングで走行距離が6.5万キロの場合は43万円で買い取ってもらったという買取事例が存在します。

中古車市場では3代目プリウスにニーズが集まっていることもあり、買取相場は大きく下落しています。

但し2代目プリウスでも高年式でコンディションが良い場合であれば50万円程度の買取価格を提示してもらうことも可能です。

まとめ

同じ年式やグレードであったとしてもコンディションの違いによって査定評価に大きな開きが生じるケースも多いです。

このページで紹介した買取相場はあくまで参考程度に考えて下さい。

また、フロントフォグランプやアルミホイール、レザーシートといったオプション装備が充実している場合はさらに高価買取が期待できます。

買取査定は無料で利用できるので気軽に申し込んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です